FC2ブログ

斗真純潔の小世界

トーマ君 最高~!!デビューを目指す~~頑張ってください~~!ずっと応援してます~~ 山斗王道~!

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

關於斗真,關於HREO

聽從小NI的建議,回到家裏就看了四毛大人今年的力作—HREO,看完才驚覺已是熱淚盈眶。

私たちの心の中にあるそうな音を残ってる
有些聲音在我們腦海裏面縈繞著

稚嫩的童年期: 生田 斗真です
青涩的少年期: 生田 斗真です
坚定的成熟期: 生田 斗真です

原來不知不覺中,這個小孩已經倔強的長大了,聲音也越來越低沉,但是骨子裏的那份堅定卻絲毫未減,他依然是那個叫做“生田斗真”的人。

看著8時J,MJ,BOYS BE JR.,戀愛熱血道中那個小小的斗真,真是恍如隔世。頂著機器貓真人版的頭銜,笑得張揚。

到後來的少俱,王子的JW,以及其他綜藝節目中的斗真是那麼的耀眼,雖然溫和但是獨特。

之後和MABO的舞臺劇,和赤阪的、佐藤的、長純的,一直到自己成為座長,這個舞臺便是最讓斗真心醉神迷的,這個舞臺也給了斗真不一樣的歷練,雖然斗飯無法在電視上面經常看到斗的出現,但是斗真的成長,大家有目共睹。

斗的脫胎換骨的轉變卻是來自幾部J家人必須經歷的演技者,美國中那個遊手好,愛湊熱鬧的少年;沉睡中暗戀同學,性格乖僻的院長兒子;男之夢中遭受家庭問題打擊,有著不良人際關係的小青年。這些角色現在回想起來也是歷歷在目,鮮明不已。

也是HREO這首歌配得太好,歌詞就像是為斗真量身定做的;也許是斗真那些揚著笑臉向前奔跑的鏡頭刺激了我,跟斗本人的形象太貼切了。這些便讓我潸然ૼ下。

ずっと前に向かって、いつも頑張ってる姿を持って、負けることを大嫌いだトーマ君は、私たちにとっては、多分ヒイロという存在ですよ~これからも もっと頑張ってください~!ずっと応援しますから~!!


PS: to:兒子小光
想笑便笑吧,J家的事情本就是仁者見仁,智者見智的事。不然怎麼會有“話題”之說,大家都來討論,J家的事業才能繁榮呀,笑(←這可不是冷笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kappeijoy.blog9.fc2.com/tb.php/102-d3ce7c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。